鏡開きの準備|樽酒の開け方(参考)※印刷してお使いください

◆実演協力は来福のベテラン樽職人の
 深見さんです。

◆用意する物
 ・木槌又は金鎚 ・バール(釘抜き)
 ・ハサミ    ・茶こし
 ・タオル等

1.最初にハサミで祝樽の上部の太縄を切ります。その後、細縄も切ります。

2.切った後、縄と菰を内側に折り込んでいきます。

3.バールを樽の上蓋と側板の間に木槌で打込み、上蓋をこじ開けていきます。

4.左右交互に打込み、ゆっくりとこじ開けていきます。

5.上蓋が割れたら写真の様にバールをテコにして端から順に蓋を外していきます。

6.左右交互にテコの原理で蓋を外します。

7.蓋が外れました。この作業で木屑が樽酒の中に入りますので、茶こしで取り除きます。

8.外した上蓋をもう一度静かに上に載せます。
これで鏡開きの下準備は終わりです。

            【注意事項】※必ずご確認ください。
◆蓋を開けてからの祝樽の移動は酒が溢れますので、鏡開きをする場所で行ってください。
◆鏡開きの準備はなるべく慣れた方又は経験のある方が行ってください。
◆上の鏡開きの準備の方法はあくまでも参考ですので、お客様の責任で実行してください。
樽を開ける際の破損や酒漏れに関しましては、お客様の自己責任になります。当店は一切の責 任をお取りできませんので、予めご了承ください。

グループから探す

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>